☆「みんなと3Rフォーラム」開催報告その1☆

こんにちは、リユー助だよ!

 

平成27年2月26日~3月1日の4日間にかけて港区エコプラザにて

 

「みんなと3Rフォーラム」を開催しました。

 

 

そこで今回のブログでは、「みんなと3Rフォーラム」の中から、

 

26日に開催した「会社に保管した備蓄食糧をムダにしないセミナー」についての

 

報告をしたいと思います♪

 

 

「会社に保管した備蓄食糧をムダにしないセミナー」には、40社47名の方が参加して

 

下さいました。

 

講師として日本災害食学会 理事 守 真弓講師

 

セカンドハーベスト・ジャパン チャールズ マクジルトン講師

 

のお二人をお呼びしてセミナーを行いました。

IMG_8684

写真‐セミナーの様子

 

 

第一部では、守講師による「おいしい災害食:防災備蓄の改善」についての講演を

 

行っていただきました。

 

震災後テレビや、ニュースでスポットの当てられた災害食についての知識やノウハウを

 

お持ちの守講師の講演は、事業者の会社にある備蓄食糧の改善点や取組方法を

 

学ぶ良いきっかけとなりました。

 

IMG_8701

写真‐守講師の講演の様子

 

また、講演後もおいしい災害食の実物を使用しながら、多くの参加者に

 

利用するメリットや備蓄食糧に対する考え方・取り組み方を

 

教えてくださいました。

 

IMG_8709

写真‐講演後の写真

次に第二部では、チャールズ講師より「フードバンクを利用して」についての講演を

 

行っていただきました。

 

フードバンクとは、食品を寄付していただき、それらを児童養護施設の

 

子どもたち、路上生活を強いられている人や生活困窮者などの元に、

 

届ける活動の事です。また貧困層だけでなく状況に応じて災害支援なども

 

取り組んでおり多くの企業と連携を結び食品ロスと

 

廃棄になる食糧の減少に貢献しています。

 

当日のセミナーでは、参加された事業者から食糧寄付の質問等があり、

 

今まで廃棄してきた食べ物の有効活用に関心を持っていただけたと

 

感じました。

 

IMG_8750

写真‐チャールズ講師の講演の様子

 

 

今後もこのようなセミナーを継続的に行い多くの方に3Rについて少しでも意識を

 

持っていただけると嬉しいです!