✩インタビューその2(段ボールコンポスト講習会受講者)✩

こんにちは!リユー助です!!!

 

皆さん元気にお過ごしでしょうか?

 

さて本日は、前回に引き続き7月に開催した段ボールコンポスト講習会に参加して下さり、家庭で段ボールコンポストに取り組んでいる親子にインタビューした様子をご紹介させて頂きたいと思います。

 

 

今回インタビューにご協力いただいたのは、小学校五年生の絵玲奈さんとお母さんです。

 

IMG_8502

写真①-絵玲奈さんとお母さん

IMG_8482

写真②‐インタビューの様子

絵玲奈さんは、港区の環境に関する自主研究、小学生の部にて最優秀賞を受賞されました。

段ボールコンポストを日々実践する中で、段ボールコンポストの変化や、家庭で出る生ごみの状況、環境に対する影響等を詳細にまとめてくださいました。

受賞作品は下記を参照ください。

 

最優秀賞作品「生ごみのリサイクル」

 

 

まず、絵玲奈さんが段ボールコンポスト講習会に参加した理由は、環境に関する番組がきっかけで段ボールコンポストを知り、 学校から配布された段ボールコンポスト講習会のチラシを見て参加してくださいました。

 

次に、段ボールコンポストでの研究で苦労したことは、段ボールコンポストの中に 入れた生ごみの経過観察でした。

経過観察を行うため、段ボールコンポストの中からな生ごみを取り出し、写真や重量を計測する等、かなり手間をかけていました。

絵玲奈さんは、直接コンポストの土を触り、匂いを嗅ぐ等積極的にコンポストの観察を行ったことで、自主研究の内容も充実した内容となりました。

IMG_8497

写真③-インタビューに答える絵玲奈さん

 

インタビューの中で絵玲奈さんは、今まで生ごみは、燃えるごみとして捨てていたが、段ボールコンポストを利用し始めてごみの減量を実感したと教えてくれました。

さらに、段ボールコンポストを利用してから台所が臭くなくなり、燃えるごみも減ってごみ捨ての手間がかからなくなったことも実感できたようです。

お母さんも水分を多く含む生ごみが減ることで子供でも燃えるごみを出せるようになり、自主研修後の冬場も続けて行っているそうです。

IMG_8491

写真④‐インタビューに答えるお母さん

段ボールコンポストに取り組んで変わったことは?という質問に対しては、絵玲奈さんとお母さんが段ボールコンポストに生ごみを入れるようになったことで他の家族全員も生ごみを段ボールコンポストに入れるのが習慣になったそうです。

普段の生活の中でも意識が変わったと感じることもあり、例えば、給食の生ごみを見ていてもったいないと思うようになったと答えてくださいました。

また、段ボールコンポストを通じてできた堆肥は、液肥として利用し野菜を育てることに利用なさっているそうです。

約2ヵ月間の段ボールコンポストの実践から、絵玲奈さんの家庭では、約12kgの生ごみが減少しました。

段ボールコンポストを1年間継続したと仮定し、生ごみの減少量を二酸化炭素排出量で換算すると、段ボールコンポストは杉の木2.1本分の役割を果たすという結果が出ました。

IMG_8495

写真⑤‐インタビューの様子

今回の親子のインタビューを通して感じたことは、何気ない生活の中でも、工夫一つで環境に優しい行動が

いくつも存在しているということです。また、一人ではなく、家族で取り組むことで継続して行うことができ、

子供が親に与える影響の大きさをあらためて実感しました。

皆様も是非生活の一部に少しでも環境に意識を向けて頂けるととても嬉しいです。

それでは、次回のブログもお楽しみに!

✩インタビューその1(段ボールコンポスト講習会受講者)✩

こんにちは!リユー助です!!!

 

皆さん元気にお過ごしでしょうか?

さて本日は、昨年の7月の段ボールコンポスト講習会に参加し、夏休みの自由研究としてご家庭で段ボールコンポストに挑戦してくださった親子にインタビューをおこなってきた様子をご紹介させて頂きます。

 

今回インタビューにご協力いただいたのは、小学校一年生の新井健太君とお母さんです。

IMG_8474

写真-① 新井さん親子

IMG_8446

写真-② インタビューの様子

新井さんのお宅は、学校から配布された段ボールコンポスト講習会のチラシを見て参加してくださいました。

 

講習会当日は、お父さんと参加し、講習会の次の日から早速ご家庭で段ボールコンポストを開始しました。

 

初めのうちは、なかなか土を触るのも抵抗があった健太君も、段ボールコンポストの日々の変化を観察しているうちに、段ボールコンポストに興味を持ってくれたそうです。

今日のインタビューでもたくさんお話をしてくれました。

 

IMG_8449

写真-③ 健太君が記録写真を説明してくれている様子

 

健太君は、キノコが生えてびっくりしたことや、お豆腐やホタテ等を段ボールコンポストに入れた時は、匂いが臭かったこと等、様々な体験を話してくださいました。

IMG_8456

写真-④ インタビューの様子

お母さんは、段ボールコンポストをご家庭で取り組む中で、スイカの皮やトウモロコシの芯等のかさばる生ごみを段ボールコンポストに投入した際は、ごみの減量を実感されたそうです。

また、段ボールコンポストの温度があまり上がらなかった時期には、健太君からお母さんに油を入れると温度が上がることを聞き実践し、無事温度も上がりました。

IMG_8459

写真-⑤ 段ボールコンポストと健太くん

 

健太君は約2カ月間、自由研究として段ボールコンポストの観察を行いました。

その結果、家庭から出る生ごみの約2kgの減量をすることが出来ています。

そして、段ボールコンポストを通じて分解する微生物がいることを知れて良かったと教えてくれました。

ご協力してくださった健太君とお母さんありがとうございました。

写真

写真-⑥ 自由研究をまとめた模造紙


段ボールコンポストは、ご家庭で気軽にごみを減らすことができるツールの一つであり、

家族全員で環境の取り組みをすることができます。

 

3R推進行動会議では、段ボールコンポストの講習会を定期的に開催しています!

次回の開催は下記に紹介していますので、皆さん要チェックです!!

 

☆みんなと3Rフォーラム☆ 

【段ボールコンポスト&キッチン菜園講習会】

IMG_1768

日程:2月28日(土)

時間:12:30~14:30

定員:50名  要予約

対象:区内在住・在勤・在学者

・段ボールコンポストやキッチン菜園について、実践を交えながら学ぶことができます。

 

※さらに詳しい時間や参加条件は、下記のチラシ・申請用紙をご参考下さい。

3Rフォーラムチラシ

 

只今応募受付中ですので興味がある方は、

 

ぜひお気軽にお申込みください!

 

それでは、次回のブログもお楽しみに!

 

 

【報告】港区施設見学会の実施

こんにちは、リユー助です!

 

都心にも雪が降るほど寒くなってきましたが、

 

皆様元気にお過ごしでしょうか?

 

 

ボクは、これぐらいの寒さは、大丈夫ですが

 

皆様は温かい格好をして体調に気を付けてください!

 

 

 

本日は、1月28日に行われた、港区工場施設見学会の

 

様子をブログを通して報告させて頂きたいと思います。

 

今回の工場施設見学は、川崎市にある昭和電工株式会社様の

 

工場施設見学を開催しました。

 

004

 

工場までのバス移動の際には、港区のごみの現状報告と家庭から排出される

 

ごみの収集から、リサイクル処理されるまでの過程や正しいごみの分別方法を紹介する

 

DVDを鑑賞し勉強しました。

 

港区民の方も集中しお話を聞いてくださっていました。

 

 

昭和電工株式会社の工場に到着し、まず始めに職員の方にわかりやすく

 

工場の概要と実際のリサイクル処理に関するお話をして頂きました。

018

068

 

昭和電工株式会社川崎事業所では、容器包装プラスチックのリサイクル処理を

 

行っており容器包装プラスチックからアンモニアを抽出する

 

日本に一カ所しかないリサイクル処理を行える工場です。

 

実際の工場内も窓から覗くことができ参加者の皆様からも積極的な質問もされており、参加者の

 

プラスチックのリサイクルに関心・興味を持っていることを感じました。

 

074

 

0851

 

 

その後は工場の外から見学を行い実際の工場施設の規模や

 

現場の雰囲気を味わうことができました。

099

104

 

 

約半日の工場施設見学を終え、実際にリサイクル処理を知ることが家庭で

 

取り組むごみの分別の重要性を学ぶことに繋がりました。

 

少しでもごみを排出する側の皆様にも興味を持って頂くことは大切なことです。

 

ぜひ皆様も工場施設見学会だけでなく様々な環境に関するイベントにご参加ください!